危険な蜂を安全に駆除する方法|害虫グッバイ情報

女性スタッフ

知っておきたい鳥の駆除

笑顔の男性

素人には難しい

マンションや団地などに住んでいると知らぬ間に、ベランダを鳩に占拠されていることがあります。特に一人暮らしの男性で昼間仕事に出かけて帰りも遅い方などは要注意です。鳩は昼間、遠くから人のいないベランダなどを伺っており、安全だと分かると大挙して押し寄せてきます。鳴き声による騒音や、糞や羽による健康被害など、鳩による被害は甚大なものがありすぐにでも対策が必要になるでしょう。ただし、鳩そのものを駆除することは鳥獣保護法により禁じられています。寄せ付けないような対策、もしくは巣だけを撤去することは問題ありませんが、親鳥、ひな、卵などを勝手に処分することはできないので注意が必要です。どうしても不安な場合は、害獣駆除業者に相談してみることをお勧めします。

害獣駆除業者なら確実

鳩をベランダに寄せ付けないような対策は、素人には難しい部分があります。しかし、放っておけば、やがて近隣住人からも苦情がでてきますし、最悪の場合は管理組合などからも適正に対処するように注意を受けることもあるでしょう。専門業者に頼むと、いくつかの方法を複合して対策してくれます。まず、鳩が止まりやすい部分を失くしていくのです。手すりや物干しなどにテグスを張り、休めないようにします。ベランダの床部分にはとげの生えた、人工芝シートのようなもので覆い、着地できないようにするのです。さらにベランダ全体に鳩の嫌がる忌避剤を塗布し、近寄れないような状態にするのです。鳩の帰巣本能は強く、一度落ち着いてしまった場所からは中々離れようとしません。持久戦になりますが、鳩が諦めて違う場所に移動するまでこの状態を維持しなければならないのです。